消臭クリーニング

 

私どもではイス・ソファーの消臭もお請けしております。

(その他お部屋の消臭などもお請けしております)

 

最近、消臭をサービスに取り入れる業者が増えてまいりましたが、

消臭について正しく学んでいない業者も多数増えてきている結果、クレームが多発しております。

 

そこで「消臭施工」について私どもの考えをまとめさせて頂きました。

 


 

『消臭施工』に関して

 

 

「消臭」とは文字通り、「臭い」を「消す」事です。

ですから、その目的を達成出来ればどのような手法でも構わないと考える業者も多いようですが、

私どもでは3つの事を重視して消臭サービスを提供しております。

 

・安全な手法なのか?

・コストとニーズのバランスは適切か?

・消臭の3原則をきちんと守れるのか?

 

 

どんなにニオイが消せたとしても安全な手法でなければなりません。

いくら消臭が出来てもコストが掛かり過ぎてはいけません。

 

この2点はお客様自身にも注意して頂かなければいけない部分です。

 

そして、もう1つ大事なのは「消臭の3原則」です。

 

例えば、市販のスプレーなどで消臭が完了すればそれに越した事はありません。

しかし、私どもに依頼される場合はそのような市販のスプレー等で消えない臭いばかり。

 

また、「業者に依頼して一時的には消えたけどまた臭いが出てきてしまった・・・」

というケースも多々あります。

 

なぜ、臭いが消えないのか?

なぜ、臭いがまた出てきたのか?

 

それは『消臭の3原則』を守っていないからです。

 

逆にいえば、消臭の3原則を守って作業すればニオイが必ず消えます。

 

では、『消臭の3原則』とはどのような事か?

ご紹介します。

 

 

『消臭の3原則』

 

その1 『ニオイの元を断つ』

その2 『適切な消臭剤を使用する』

その3 『換気をする』

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

その1 『ニオイの元を断つ』

 

ニオイの元を断つとは

ニオイを発生している物質を取り除く事です。

 

おしっこの臭いなら付着しているおしっこをしっかりと取り除く(清掃)

カビの臭いならカビの胞子を確実に殺すこと(殺カビ)

とにかく元を断たなければまたニオイは発生してしまうという事です。

 

ですから、いすやソファーの場合

まずはキレイにクリーニングする力量があるか?

 

これが重要です。

(正しくクリーニング出来ない業者は消臭も出来ないという事です)

 

 


 

その2 『適切な消臭剤を使用する』

 

臭いの元を断った後は、その臭いに適切な消臭剤を使用し臭いを完全に消さなければなりません。

 

世の中には様々な臭いがありますが、残念ながらそのすべての臭いを消せる万能な消臭剤や手法は現時点ではありません。

 

しかし、臭い1つ1つに対しては必ず効く消臭剤は存在しています。

 

ですから、そのニオイに対して適切な消臭剤を使用すれば消臭が成功する確率はグッと高くなります。

逆に適切な消臭剤を使用しなければ臭いの元を断ったとしてもニオイは消え無い、または後から復活して出てくるという事になります。

 

大事な事は最適な消臭剤を選択すること、場合によっては複数の消臭剤をブレンドし効果が最大限発揮出来るようにする事もあります。

(消臭剤の知識がない業者は臭いを消せないという事です)

 

椅子やソファの場合は生地や内部のウレタン等に臭いがしみ込んでおりますので消臭剤を適切に使用する知識や技術も併せ持っていないと確実な消臭は出来ません。

(消臭剤の使い方を知らない業者は臭いを消せません)

 

 


 

その3 『換気をする』

 

とにかく、消臭には「換気」が必要です。

 

どんなに臭いの元を断っても、適切な消臭剤を使用しても、換気が出来ないだけで消臭は失敗に終わります。

 

イスやソファーの場合もそれは同じです。

 


 

以上が私どもの消臭に対する考えです。

 

まとめますと

 

『消臭は条件がそろえば必ず成功する』

 

しかし・・・

 

『条件が揃わなければ消臭は成功できない』

 

 

私どもはプロとして最初の時点で成功するか?しないのか?

お客様に正しくお伝えしております。

 

たとえ、お金にならないとしても「出来ないものは出来ない」と申し上げる事がプロの業者としての務めだと考えています。

 

ニオイの事でお困りのお客様は一度ご相談下さい。

(現地調査とお見積もりはもちろん無料ですのでご安心下さい)

 

 

 

 

横浜イスソファークリーングセンター

所長 猿橋健司